一度ハマったが最後!鉄道模型の魅力がすごすぎる

2016年04月22日一度ハマったが最後!鉄道模型の魅力がすごすぎる はコメントを受け付けていません。

鉄道模型ってどんな種類があるの?

鉄道模型というのは、文字通り鉄道をミニチュア化したおもちゃのことです。さまざまなサイズのものがありますが、代表的なものはHOゲージとNゲージの2つです。HOゲージは主にヨーロッパを中心として人気があり軌間(レールの幅)は16.5mm、縮尺サイズは1/87となっています。対するNゲージは日本で人気のあるサイズで軌間が9mm、縮尺サイズが1/150となっています。これは、NゲージはHOゲージの役1/4のスペースで済むことから、狭い日本の住宅事情にあっていることから人気があると言われています。

鉄道模型の楽しみ方とは

鉄道模型には、大きく分けて二つの楽しみ方があります。一つは多くの車両を集めるコレクタータイプ。もう一つはジオラマなどを作り実際に鉄道模型を走行させるタイプです。前者は世界中の電車を集め、コレクションケースなどに飾って楽しみます。高いものですと機関車両一台で数十万円なんていうのもありますから、一編成作るだけで結構な金額になってしまいます。鉄道模型はメーカーによっては再販しないことが多く、中にはプレミアが付いているものも少なくありません。そういった部分もコレクターアイテムとして人気があるのでしょうね。

ジオラマは模型技術の集大成

もう一つの楽しみ方は実際に鉄道模型を走らせて楽しむものです。多くの人は実際の路線や駅を再現したジオラマなどを作って楽しんでいますが、有名な方の作品ですと、鉄道模型に興味のない人が見てもすごいと思えるほど精巧に作り上げられています。大がかりなものを製作しようとすれば、金銭的な問題だけでなくスペース的にもいろいろと制約が出てしまうので、誰もが楽しめる趣味とはいきませんが、自分の作ったジオラマの中を疾走する電車を見ると、子供のころに電車の運転席の後ろから見ていた風景を思い出してしまいそうですね。鉄道模型は、いろいろな楽しみ方が詰まった大人のためのおもちゃといえるかもしれません。

おもちゃの買取では、未使用品や昔ながらのおもちゃでは高価買取が可能なので多くの業者から見積もりを取ると良いです。